読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西洋占星術とは

f:id:lululolochan:20160407181738j:plain

西洋占星術は、『火・地・風・水』の四要素を基本にしている占いです。 特に昔は、錬金術などに利用されていたのも特徴の一つです。

 

日本でも大人気のタロット!

西洋占星術には、日本人にはあまり馴染みのない占いが多いです。 しかし、タロットカードなどは、カードのデザイン性や神秘性に人気が集まり、現在日本でも人気がある占いの一つになっています。 西洋占星術の代表的な占いとして、タロットカードを扱う占い師の数も非常に多いです。 また、タロットカードの場合は、技術の安定をはかるために、民間資格も登場しています。 実は占い師は、無資格でなれる仕事で、『誰でもなれる仕事』です。 そのため、霊感どころか、まともな勉強もしていないでお金稼ぎのためにやっているインチキ占い師の存在が、昔から指摘をされています。 現在は、そうしたインチキ占い師と一線を画すために、タロットカードなどは、『占いの技術を証明する資格』を増やしている傾向がなります。 国家資格ではありませんが、こうした民間資格を取得している占い師であれば、やはり相談者も占い師を選ぶときに安心感があります。 占い師の『技術を確かめること』は一般人には非常に難しいことです。 民間資格で正式に広まっていけば、もっともっと占いは信用できるものになる可能性があります。 西洋占星術は、良く知らないのでわからないと敬遠してしまうのは勿体ない事です。 タロットカードの民間資格を持っている人であれば、一定の技術が証明されているので、その辺の怪しい占い師にお願いをするよりも、占いの精度に信用ができます。 これからは、占い師も資格を持っている人が信用できる時代になる可能性があります。

東洋占星術と似ている占いもある!

また、西洋占星術も東洋占星術も、名前が違うだけで、似たような占い方法は沢山あります。 西洋占星術の一つとされているチャネリングは、日本のイタコと近い占い方法です。 発祥地は違うと言えども、占いの基本は同じです。 要は、東洋か西洋かではなく、占い師の実力次第なのです。 良い占い師であれば、東洋だろうが、西洋だろうが関係ありません。 良い占い師というのは、単純にテレビや雑誌に取り上げられている人だけではありません。 やはり相談者の悩みに寄り添い、本当に相談者の幸せのために力を貸してくれる存在です。 何か物を買わせたりする占い師は、やはり西洋占星術であろうと、東洋占術であろうと、警戒が必要です。 本当に良い占い師は、高額なツボやお祓いグッズを売りつけたりしません。