夢占いとは

f:id:lululolochan:20160407184212j:plain

夢占いは、夢の内容によって、自分の深層心理やこれから起こりうる可能性について判断する占いです。 夢占いは、タロットや算命学などの占いに比べて、『深層心理を反映することが特徴』です。 そのため、尿意を感じている人がトイレの夢を見やすくなったり、寝る前に見たホラー映画が怖くて、夢の中でも怖い夢を見るというような現象が多くあります。 一般的な占いに比べて、スピリチュアルな部分が低い傾向があります。

 

『白蛇』や『富士山』はラッキーシンボル!

しかし、夢占いは、昔から『予知夢』ともいわれるケースがあるように、回数は少ないですが正夢になることもあります。 正夢になる夢には特定の物や人物が登場するケースも多く、『富士山』や『白蛇』などは夢占いではお馴染みのラッキーシンボルとされています。 特に白蛇は高額当選のような金運に良い効果があると言われて、金運UPを望んでいる人にとっては、ぜひとも出てきてほしい動物です。

夢は現実の『反対の意味』になるケースが多い

また、夢の中で起きた出来事は、しばしば現実の世界で反対の意味になるといわれているのも特徴です。 現実世界では『お財布に大金』が入っている方が良いですが、夢の世界では『お財布が空っぽ』の方が演技が良いとされています。 夢の中で、お財布に大金がある場合は、自分の願望を投影していたり、現実世界でこれから大きな支払いが待っている可能性があるなど、嫌な意味合いがあります。 また、夢占いでは、『死』は非常にポジティブな意味合いがあり、『再生』の可能性を示しています。 ただし、夢占いも、決められた意味だけで判断するのではなく、現実の状況や、性別なども影響する可能性があります。

忘れる前にメモをしよう!

複数のシンボルが夢に登場した場合は、それぞれの記憶に残っているシンボルをしっかりと覚えておくようにしましょう。 夢占いで、一番困ってしまうのは、起きた瞬間は覚えていても、時間が経つと、忘れてしまったりすることです。 やはり時間が経つと、どうしても忘れがちになってしまいますので、夢占いを希望している人は、デキるだけメモに残しておくようにしましょう。 ネットでも夢占いを自分でできるサイトは色々とありますが、詳しい事情まではなかなか判断するのが難しいです。 そのため、どうしても気になる夢を見てしまった時には、プロの専門家にちゃんと話を聞いた方がすっきりします。 夢占いのサイトによっては、解釈が全く違っていたりするので、夢占いは自分で行うには少し難しい占いに入ります。 ちなみに、夢占いの効力は1週間程度と言われています。