読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャネリングとは

f:id:lululolochan:20160407182216j:plain

チャネリングは、日本でいう『イタコ』のようなものです。 占い師が死んでしまった人や高次元のレベルにある魂などと会話をして、連絡を取る方法です。

 

チャネリングで『リセット』

自分が死んでしまった人と、どうしても連絡を取ってメッセージを伝えたいという人は意外に多いのです。 未練なく、さっぱりとお別れ出来た人は良いですが、やはり親の死に目に遭えなかったとか、大切なペットが病死で苦しんで亡くなった場合など、残された人間は大きなもやもやを抱えながら生きていくことになります。 時間と共に、その心の痛みを忘れていける人は良いですが、中には年々後悔が大きくなる人もいます。 そうした人が、心のもやもやを晴らす方法として、チャネリングは有効です。 チャネリングで、霊能者にちゃんとメッセージを届けてもらうことによって、新たに先へ進めるようになります。 誰かの死によって、自分の時間も止まってしまった人は、一度『リセット』が必要になります。 チャネリングは前に進めなくて苦しんでいる人を明るく前向きになれるよう、リセットのお手伝いをしてくれます。

未熟な霊能者を選ぶとトラブルの原因に!

ただし、チャネリングをする時には、気を付けないといけないこともあります。 それは、チャネリングをしてもらう霊能者をしっかり選ぶことです。 ちゃんと修行を積んでいる、経験のある霊能者を選ばないと、低級霊や悪質な霊が出てきてしまい、トラブルになる可能性があるからです。 そのため、修行も何もやっていない初心者には任せてはいけません。 イタコも経験が必要な仕事と言われていますが、それだけチャネリングは、危険が伴う占術なのです。 変な霊に憑依されてしまえば、霊能者自身も危険な状態に陥ります。 まずは安全にチャネリングを行うためには、やっぱりそれなりの修行をした人に依頼をするのが大事です。

チャネリングは静かな環境で行う

また、チャネリング中は、落ち着いた環境を用意することも大事です。 チャネリングは亡くなった人だけではなく、高次元の魂とも連絡を取ることができます。 そのため、チャネリングによって得たアドバイスやメッセージを今後の生活に生かしていくことで、開運できる可能性もあります。 人生に悩んだ時に、スピリチュアルアドバイスが欲しいと思った時には、チャネリングを行ってみるのも一つの手段です。 チャネリング対応している霊能者は、実績や経歴をよく見て、じっくり選ぶことをおススメします。 また、巷ではチャネリングを悪用した詐欺事件もありますので、悪質なインチキ霊能者には気を付けるべきです。