考え方が違う妻。魅力はあってもケンカばかり……離婚すべきでしょうか?(男性:38歳)

今回の相談者さん
ニックネーム:mamey
性別:男性
年齢:38歳
生まれた都道府県:熊本県
生まれた時間:不明

離婚をすべきかどうかを占って欲しいです。

4年の交際を経て結婚をし、来月で結婚6年となります。 子どもはなく、共働きです。

夫婦として一緒に生計を立て、生活をしていく上で感謝をしている点は多々あります。 私が失業中のあいだや病気により仕事ができない期間などは、不満を漏らさず前向きに家庭や私を支えてくれました。本当に感謝しています。

しかし、育った家庭環境が違うせいか、日常の小さいケンカが絶えないことと、子どもに対する考え方が異なる点、そして3ヶ月に1度くらいの頻度で「離婚をしたい」と言われること、これらが原因で離婚をするほうが良いのかを迷っています。

■日常のケンカ 私が考える主な原因は、妻が感謝の言葉やねぎらいの言葉、態度を表現しないのに私を非難、批判するような言葉ばかりを口にすることです。また、今まで過ごしてきた時間で乗り越えてきたことや決めたこと、思い出などを全否定するような発言を頻繁にすることです。

■子どもに対する考え方が異なる 妻は子どもが欲しいと考えていますが、私はなかなか積極的になれません。大きな理由は、自分が親から愛されずに育ったと感じているため、同じことを子どもに対して思ってしまうのではないかと思っていることと、妻との子どもを作って、仲良く家庭を築いていけるのかが不安、という点です。

■離婚をしたいと言われる 上記を理由として、3ヶ月に1回くらいの頻度で離婚をしたいと言われます。こんなに頻繁に言われてしまうと、この妻との将来をイメージすることが難しいです。

明るいところや前向きなところなど、魅力に感じる点はあるのですが、このまま夫婦生活を続けるのが良いのか否か、アドバイスをお願いいたします。

f:id:urj:20160728152239j:plain

うやむやにしても進展はなし。新しい一歩を踏み出すときが来ています

こんにちは! FortuneBankのあん茉莉安です。

普段の生活で、感謝する部分もあるけど、ちょっとケンカが多くて……ということですよね。 世間でよく『価値観の違い』とか言われてしまうものが割とこれに近くて、確かに日常的なケンカが多いということで離婚に至るカップルもたくさんいると思います。

では、あなたの場合はどうでしょう。

奥様がどのように感じているのか、というところから見ていきましょうか。

カードでは「天王星」逆位置と「双子座」正位置が出ています。 もっと仲良くしたい。でも、自分が愛されていないのではないかと感じていますよ。 それから同時に「節制」逆位置のカードが出ています。 今の生活を変えたい。特に、子どもを持って母親としての生活を味わいたい、という気持ちは大きいと思います。

子どものいる(夫はいません)私にとっては、夫婦二人の生活もそれはそれで良いものだと思いますが、やはり現在夫婦二人ぐらし、子どもを作れる可能性のある年齢の女性にとって、夫が子作りに賛成してくれないということは、自分の人生を否定されているような気持ちになってもおかしくはありません。

もちろん、あなたと同じような考えで、子どもはいらないよー、という女性もいます。 しかし、奥様はそうではないようなので、自分の「女性」を全否定されていると捉えても仕方のないことでしょう。

男性にとって、男性のシンボルって大変重要ですよね?

同じように、女性にとっては、子宮はたいてい大変重要なもので、たとえば病気で子宮を取ってしまうなんていうときに、「女じゃなくなった」と感じる人もたくさんいます。 ですから、夫からその機能を「使う必要はない」と言われることって、それなりに辛いですよ。

そのあたりの心の傷が、「愛されていないかも」という不安や、離婚したいという言動にあらわれていると考えてよいでしょう。

まして、自分は夫が苦しいときにできる限りの協力をして支えたというのに、自分は夫に支えられていない、自分の希望を汲んでくれないというところにも、彼女の大きな不満があるのです。

奥様のほうが、何らかの変化を望まれているようなので、関係を改善していく余地はあると思います。 ひとつにはやはり、子どもを持つか否かというところですね。 ここをうやむやにしているあいだは、彼女の閉経まで現状が続きますし、悪ければあなたの意志に関わらず離婚という話にもなってくる可能性があります。

必ずしも、じゃあ子どもを作ろうよ、という話にもっていく必要はありませんが、子どももイヤ、離婚もイヤなら、うやむやにせず彼女に納得してもらう努力が必要です。

もちろん、じゃあ妻の希望で子どもを授かり、「おまえの希望なんだからオレは手伝わないぞ」となるようなら、結局は離婚という話になってしまうと思うので、あなたがどこまで覚悟をできるかという問題もあるでしょう。

虐待は連鎖するとかいう話もありますが、それは違いますよ。間違っているんです。 親から愛されずに育ち大人になっても、「自分はああはなるまい」と反面教師にすることで、自分の親とは違う生き方をする人もおおぜいいます。 それに、「親の愛」というものも、愛の形が子どもの望むものでなかっただけ……ということだってあるのですからね。 あなたの親御さんがどうだったのかはわかりかねますが、あなたが自分の子どもにどう接するかというのは、あなたが意志力によって決めることで、「同じことを子どもに対して思ってしまうのではないか」というのはちょっと言い訳かな。

子どもがいればいたで、いなければいないで、色々なトラブルを経験しながら共に成長するのが家族です。 もちろん理想は、ケンカひとつしない仲良し家族なのでしょうけれども、そんな実例はまずありません。 ケンカをしないというのは不満がひとつもないということではないですからね。意思疎通のためにはケンカをしたほうが、心を相手にさらけ出すことのできる、仲の良い家族であるとも言えるでしょう。

働けないときに妻が離婚せず協力してくれたように、今度はそれをどのような形で彼女にお返しといってはアレですが、恩に報いることができるのかを考えると、建設的な結論が出るかもしれませんね。

「土星」の正位置のカードが出ています。 今までの自分を脱ぎ捨て、新しい一歩を踏み出すときが来ているようですよ。 またそのことで、現状は好転していきます。 自分の希望と奥様の希望。お互いをすりあわせて、どう満たしていくかを考えてみましょう。 その中から、「離婚しなくて済む妥協点」がみつかることをお祈りしております。

この記事を書いた人
f:id:urj:20160729200204j:plain
あん茉莉安(あんまりあ)

陰陽師の末裔、タロット占い師。12歳でタロットを手に取り、18歳でプロデビュー。タロットとともに第六感で当事者の感情を読み解き、心をほぐして明るい未来を探る。鑑定モットーは『あなたの幸せのために』。今日よりも輝く明日を求め、ときには厳しい姿勢を交えつつ、愛のある鑑定を心がけている。占い鑑定とともに、ヒーラーとしてパワーストーンショップ「MagicStoneしおさい堂」を主宰。