山口達也の「完璧」離婚会見!ネットで絶賛も真の原因は酒癖の悪さか?

f:id:urj:20160817120037j:plain

芸能界の中で男女問わず人気のアイドルは?と聞かれれば、TOKIOと答える人は多いのではないでしょうか。 特に「ザ!鉄腕!DASH!!」(日テレ系)での活躍が、その理由につながっていると思います。 たしかに、頭をタオルでまいて汗水流して作業する彼らの姿は非常に男らしく、人気が高いのも納得です。

そんなTOKIOのメンバーである山口達也さん(44)が、このほどジャニーズ初となる離婚会見を開き、テレビを賑わせました。

山口達也さんのプロフィール

f:id:urj:20160817120557j:plain
出典:amazon

埼玉県出身でジャニーズ事務所に所属しているアイドル・TOKIOのメンバーでベースを担当しています。 しかし、前述の「ザ!鉄腕!DASH!!」の影響からか、山口さん自身がテレビで公言するほど、普段からベースよりも金槌やスコップばかり扱っているそうです。

また番組内では、常に男気にあふれており、別名「棟梁・達也」とも呼ばれ、大工、建築、農業、漁業などあらゆる面で活躍しています。 そしてそのどれもが本職顔負けと評され、いつでも転職してこいと各方面の専門家たちにかなりの数のお誘いを受けています。 さらに、潜水士や一級小型船舶操縦士の資格も所有しており、アイドルを域を超えたガテン系アイドルという新しいジャンルを切り開いた印象があります。

かと思えば、近年では朝の情報番組「ZIP!」(日テレ系)で司会を務め知的な一面を覗かせるなど、活動の幅も広がってきました。

結婚の馴れ初め

山口さんはTOKIO初の既婚者であり、同グループのメンバーである国分太一さん(41)が結婚するまでは唯一の既婚者でした。 お相手は現在は一般人となった元モデルの綺麗な女性です。 出会いは1999年で、山口さんが友人に誘われた鍋パーティーがきっかけでした。 その後、すぐに交際に発展したといいます。

そして、2008年3月に8年という長期間の交際を経て、結婚に至ります。 また、婚姻届を提出した日はTOKIOの武道館ライブが開催されており、ライブ中にファンに向けて結婚を発表、さらに、できちゃった結婚だということも加えて発表しました。

この辺もまた、アイドルらしからぬ行動ですが、普段の人柄もあってか会場は祝福ムードに包まれたといいます。 その後、新たに男の子ひとりに恵まれ、現在は2児の男の子の父親として、お弁当をつくってあげるなどイクメンぶりを発揮しています。

ネットで絶賛された離婚会見

これほどまでに完璧に思える山口さんがこのほど離婚しました。

そして、ジャニーズ初となる離婚会見を開いたばかりか、質問に関する制限すら設けない男気が話題となりました。 これは山口さんたっての希望であり、結婚会見を自分の意志で開いたのだから、離婚会見も同じく自分の意志で開くという意向が反映された結果だそうです。

さらにその離婚会見の内容が各メディアや一般人から「完璧!」と賞賛され、離婚会見でまさかの株を上げるという結果にいたりました。 これにより、大きなイメージダウンを避けたのは、流石の一言です。

しかし、そんな完璧な離婚会見で、唯一気になる点がありました。 それは、山口さんが眼帯をしており、明らかに怪我をしたあとが見受けられたからです。 山口さん自身は、「自転車で転んだため、暴行を受けていたら事件ですからここにいない」と説明しましたが本当のところはわかりません。 気になるところです。

だが、離婚原因は酒癖の悪さという説がある

f:id:urj:20160817120640j:plain

離婚会見まで含めて考えても、男気にあふれている山口さんは離婚とは縁遠そうな印象があります。 では、はたしてどんな離婚原因があったのでしょうか?

一節によれば、山口さんは相当な酒乱で、お酒を飲むとあたりかまわず暴言を吐き散らすようです。 それも目上の人や、ファンにまで見境なくというのですから驚きです。 普段の印象からは想像もできない姿ですよね。 もし、この噂が本当だとすれば、日頃一緒にいる奥さんや子どもたちは想像もつかないような暴言を吐かれていたかもしれません。 時として、人格を否定するようなモラハラ発言さえもあった可能性があります。

とはいえ、現在は別居から離婚を経て、夫婦の関係は落ち着いたものとなっているそうです。 その証拠に、山口さんは元奥さんや子どもたちの家から、徒歩5分のところに住んでおり、いつでも行き来できるそうです。

さらに離婚会見の時も元奥さんと親密にやりとしていることを報告していました。 また、慰謝料なし、養育費・生活費は山口さんが全部持つそうで、ある意味では新しい夫婦や家族のかたちを模索した結果というイメージがあります。

世の中に円満な離婚はないといいますが、良いか悪いかは別として、比較的丸く収まった離婚の一例だと思います。