読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小倉優子、妊娠中も離婚秒読み。原因は夫のゲス不倫!しかも相手は事務所後輩?

コラム

f:id:urj:20160817121722j:plain

小倉優子さん(31)といえば、まず思いつくのはこりん星ではないでしょうか。 初期の設定では、いちごの馬車に乗ってこりん星からやってきた「りんごももか姫」でした。 しかし、2009年に現在の旦那さんとの交際発表を機にこりん星はないものとして消え去りました。 あの時の、ファンの皆さんの心中は察するにあまりあります。

そしてその後、地球人として地球人と結婚し、2012年に第一子を出産。 現在は妻として母として、テレビで活躍してます。 なんだか幸せいっぱいにみえる小倉さんですが、このほどメディアを大きく騒がせることとなりました。

なぜなら、小倉さんが妊娠中にも関わらず、旦那さんが不倫したからです。 しかも不倫相手が事務所の後輩ということもあり、メディアはその動向に注目しています。

小倉優子さんのプロフィール

f:id:urj:20160817121850j:plain
出典:amazon

千葉県出身で、芸能事務所アヴィラのスカウトによりグラビアアイドルとしてデビュー。 現在はプラチナムプロダクションに移籍し、ママタレとして活躍しています。 グラビアアイドル時代は、非常に人気を博しており、ミスヤングアニマルに4年連続で選出されるなど輝かしい経歴があります。

前述しましたが、デビュー当時のこりん星は衝撃的なもので、そのルックスとスタイル、甘い声で一世を風靡しました。 とある企画で株式投資に挑戦した際には、住所をこりん星と書いてNGとなり、港区に書き換えたというエピソードもあるほどです。

しかし、小倉さんにとってこの設定はストレスであったことを、後日語っています。 こりん星は名前を売るための戦略だったことも暴露し、こりん星設定をやめてから仕事が激減したそうです。 その際、仕事を増やすためにもこりん星に戻れば?と助言されますが、「後ろは振り返りたくないんです。キャラとかじゃなくて、普通の自分でいたい…」と発言しました。 また、有吉弘行さん(42)につけられた「うその限界」というあだ名が、こりん星をやめる大きなきっかけとなったとも語っています。

そして、現在は結婚を機に、パン好きがこうじてパン教室、その流れでお料理教室に通い料理の腕を磨きました。 その結果、料理本を3冊も出すなど、その上達ぶりはめざましいものがあります。 さらにママタレとしても大人気で、教育熱心な賢母として、新たな分野で活躍をしています。

結婚の馴れ初め

小倉さんの旦那さんは菊池勲さん(46)という方で、南青山でサロンを経営しているカリスマ美容師として有名です。 菊池さんはあの伝説のロックグループBOOWYの氷室京介(55)さんや俳優の堤真一さん(52)、SMAPなどのさまざまな人気芸能人のヘアメイクを担当しています。 さらに、日夜国内外で活躍しており、年収はなんと8000万円を越えているそうです。

そんな2人の馴れ初めは、2008年に共通の友人が開催したパーティーでした。 出会った当初はお互いに興味がなかったそうですが、その後、菊池さんが小倉さんに惹かれ熱烈なアプローチを開始。 そして、1ヶ月のお試し交際期間を経て、正式に交際を開始します。 その後、3年間をかけて愛を育み、結婚に至り、子宝にも恵まれ、幸せ街道まっしぐらでした。

離婚寸前の原因

f:id:urj:20160817122007j:plain

しかし、人生とはそううまくはいかないもので、小倉さんは現在、離婚の危機に直面しています。 それは菊池さんの不倫によるもので、稀なほどのゲス不倫として報じられました。 なぜなら、まさかの第二子妊娠中の不倫、その上、所属事務所の後輩が不倫相手だったからです。

不倫相手である馬越幸子さん(25)は、ゴットタン(テレ東系)などで人気のグラビアアイドルとして活躍しています。 嘘がつけない正直者という印象があり、ファンや視聴者の間では納得の不倫相手だという意見が多い印象です。

巷では、離婚を後押しする意見や、小倉さんの心身を気遣う意見で溢れており、菊池さんは明るいところを歩けない状況に追い込まれています。

とはいえ、菊池さんは小倉さんと結婚した時点で、バツ1でした。 しかも、業界内で浮気グセは有名だったそうで、今回報道されたもの以外にも、何人もの女性と関係があったと噂されています。

これまでは子どものためにと小倉さんは我慢してきたそうです。 しかし、今回はあのベッキーさん(32)の話題で日本中を騒がせた週刊文春が報じたスキャンダルということもあり、もう我慢の限界に達しているといわれています。

はたして、小倉さんは離婚の道を選ぶのかでしょうか。 それとも復縁の道を選ぶのでしょうか。 離婚するなら、養育費や慰謝料はどうなるのでしょうか。 これからも目が離せませんね!