名前は両親からの最初の贈り物。姓名判断ができるサイト4選

 

f:id:a-nama-special:20160418183931j:plain

「自分のものなのに、他人のほうがよく使うもの、なーんだ?」というクイズをご存知でしょうか。答えは名前。自分が決めた訳でもないのに、一日に何度も使う一生モノである名前は不思議な存在ですよね。そして人の親になる瞬間は、一生モノの名前を付けることができる数少ないチャンス。ここでは、姓名判断ができるサイト4つをご紹介します。

みんなの名前辞典

f:id:a-nama-special:20160418182001j:plain

出典:https://mnamae.jp/

50音順の索引が男女別に設けられていて、漢字一文字ずつの意味が分かるのはもちろん、その漢字が使われている名前のリストが用意されています。これによって漢字の意味も、名前全体の意味も知ることができるのが魅力の一つです。「あ」から始まる名前がいい、など、響きからの検索が可能なので、候補すらまだ決めかねている人が見始めると、エンドレスではまってしまうかもしれません。

名前候補をすでに決めている人は、検索窓にダイレクト入力し、ワンクリックするだけで診断が可能です。いたって真面目な診断結果ながら、プログラム側のコメントにクスリと笑わせられてしまうことがあるかも。気になる相手の名前を入れて、相性を占える検索窓もついています。

子どもの名前年代別ランキングを参照すれば、どんな名前に人気があるのか分かりますし、男女別の漢字ランキング、名前の「ひびき」ランキングがあるのも丁寧ですね。また、調べたい名前が見当たらないときにはリクエストができる機能もあります。

みんなの名前辞典:https://mnamae.jp/

赤ちゃん命名ガイド

f:id:a-nama-special:20160418182051j:plain


出典:http://b-name.jp/%E5%A7%93%E5%90%8D%E5%88%A4%E6%96%AD/

検索窓へのダイレクト入力で簡単に名前を鑑定してもらえるほか、「赤ちゃん名前辞典」で響きから名前を検索して診断できたり、人名漢字として使えるかどうかを調べることができたりと、名づけ全般に便利なサイトです。

デザインされた命名紙を無料でダウンロードすることも可能です。ダウンロードの前に、名前や出産日、子どもの体重などを入力すれば、あらかじめそれらが記入された命名紙を手に入れることができます。

また「名前にふさわしくない漢字はある?」などといった素朴な疑問に答えるQ&Aつきなので、名づけの際には一通り目を通しておくとよいでしょう。Q&Aには出生届についての疑問もまとめられており、ざっと読むだけでもためになります。

赤ちゃん命名ガイド:http://b-name.jp/%E5%A7%93%E5%90%8D%E5%88%A4%E6%96%AD/

赤ちゃんの名づけ命名

f:id:a-nama-special:20160418182239j:plain


出典:http://akachan-meimei.com/

姓名を検索窓に入力し、男の子か女の子かをチェックして運勢を占うシンプルなサイトです。生命の画数から、「総運」「人運」「外運」「地運」「天運」の5運を鑑定します。鑑定結果は5段階判定で分かりやすさは抜群といえるでしょう。

「もっと運勢の良い名前を付けてあげたい」と思えば、下部に表示される「先頭文字が同じ名前」「末尾文字が同じ名前」「同じ画数の名前」候補から選び、納得がいくまで占うことができます。

赤ちゃんの名づけ命名:http://akachan-meimei.com/

幸福の姓名判断

f:id:a-nama-special:20160418182316j:plain

出典:http://www.koufuku.ne.jp/happyseimei/

携帯からもスムーズにアクセスできる占いサイトとして有名な「幸福の四柱推命」と同様に、株式会社ナブーが運営している姓名診断のサイトです。鑑定方法は非常にシンプルで、姓名を検索窓に入れ、「新漢字」か「旧漢字」かをチェックして鑑定ボタンを押すだけ。「天格」「人格」「地格」「総格」「外格」の5格を占います。

占い結果のページ下部には、「今月の運勢バイオリズム」として、なんと1日ごとの運勢が占われます。「恋愛」「仕事」「金運」「低迷」などと、1日に対して一言だけのシンプルな占いなので、頭に入りやすいですね。

幸福の姓名判断:http://www.koufuku.ne.jp/happyseimei/

まとめ

以上、赤ちゃんの名づけに関して役に立つ姓名判断サイト4つをご紹介しました。もちろん、赤ちゃんだけではなく自分や家族の姓名診断をする際にも有効なのは言うまでもないですね。

これらのサイト4つ全てに、まずは自分の名前を入力してみて「鑑定結果がそれぞれ全く違うんだけど、どういうこと?」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。流派によって占いの結果は様々です。自分の名前で占ってみたなら、これまでの運勢や性格と照らし合わせ、一番しっくりきたところを名づけにも使うのがよいでしょう。一番いい結果を出してくれたサイトを信じるという手もアリ。いろいろ試してみるのが正解です。