読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚生活をこのままうまく続けていきたいのに何だか不安……私はどう変われば良いですか?(女性・31歳)

今回の相談者さん
ニックネーム: ゆきの
性別:女性
年齢:31歳
生まれた都道府県:愛知県
生まれた時間:12時すぎ

結婚して6年目を迎えます。子供にも恵まれ、夫との仲も良く、楽しい日々を過ごしています。ですが、今が楽しい分、このままこれからも楽しく過ごしていけるのかという不安が過ぎります。

そう思う要因はいくつかあります。夫とはパートナーとして、また共に子供を育てる者として上手くやっていると思います。しかし、結婚当初に取り繕っていた自分の嫌な面を、私がだんだん見せるようになっていることで、気持ちが離れていくことはないだろうかと不安があります。例えば、怒りっぽいところ、人の失敗をつい嫌味っぽく非難してしまうところなどです。

また、あまり二人の時間を持てないことも不安に思う要因の一つです。自分と子供のことで手一杯で、つい夫のことは二の次になってしまいます。以前は二人で向かい合って長々と話し込むことも多かったのですが、今は一緒にテレビを見ながらポツポツとやりとりをすることが多いです。関係性が変わっただけなのか、一緒にいても盛り上がらないのか、自分でもよくわかりません。

今後も結婚生活をうまく続けていくために、私はどうしたら良いのでしょうか?ぜひアドバイス頂きたいです。

f:id:urj:20160728142254j:plain

背負いすぎた荷物を下ろして。それぞれを尊重し合う生き方を目指すことが、幸せのカギ。

こんにちは、ゆきのさん。FortuneBankのLUNAです。 結婚生活をこのままうまく続けていくためにどうすれば良いか、とのことですね。 不安に思う必要はありませんよ、一緒に見ていきましょう。

まずは、ゆきのさんの不安の一つ、ご主人があなたのことをどう思っているかという部分を見ていきますね。

ご主人はあなたのことを、とても責任感が強い人だととらえていますよ。 だからこそ、あなたと結婚すれば安定した結婚生活が送れるはずだという思いから、結婚を決断したのです。 ときにちょっと正直すぎたり几帳面だったりすると思うことはあるようですね。 それは、ゆきのさんがご自分でも仰っている通り、怒りっぽさや人を非難してしまうところなどを見たとき。 けれど、あなたご自身のとらえ方と、ご主人のとらえ方とは少々違っています。 あなたはもしかすると、そうして苛立ちや不満を見せてしまうときに、自分がいけないことをした、幼い一面を見せてしまったと悔やんでいるんじゃないでしょうか? しかし、ご主人はそんなふうには見ていませんよ。 というのも、ご主人はあなたのことを人としてとても尊敬していますから、あなたがそうして感情的になるのは、その怒りの対象の方が至らないからだと感じているのです。 ハッキリとものを言うあなたのことを頼もしく感じていて、あなたが優秀だから周りが思い通りにいかないことが多くて苦労してしまうんだなと考えていますよ。 だから、ゆきのさん、あなたは自信を失ったりしないで良いんです。まずはあなたが無意識に心の中に生み出してしまった卑屈さ、臆病さを取り除くことから始めましょう。 それさえできれば、あなたの悩みの大半は解決したも同然なのです。

今のあなたは、迷いや不安が出やすいとき。ここまで築いてきたものが、本当に正しかったんだろうかと自分を振り返りたくなる時期にあります。 そのため、いつもなら考えないようなことにまで意識が向き、自ら不安要素を増やしてしまうこともあるでしょう。 そんな今のあなたに、不安を持つな、深く考えるなと言っても難しいこと。 今のあなたが少しでも気持ちを高め、運気アップを目指すには、小さなことで構いません、あなたの心にマイナスの要素をもたらすものを何か一つでも良いから捨て去ると良いでしょう。 いつか捨てようと思っていたもの、わずらわしい人間関係、古くて使い勝手が悪くなったものなど、周りを見渡せば一つは見つかるはず。 思い切ってそれを捨てて、新しいもの、良いものを取り込むと、心は冷静さを保てるようになっていきますよ。

今後、あなたが結婚生活をうまく続けていくための具体的なアドバイスとしては、とらえ方を変えることが大事です。 先述したように、あなたは責任感が強い人ですから、ご主人のことも自分がしっかり管理しなければいけないという意識がとても強くあるんです。 ご主人への思いやりや愛情が深くあるからこそ、そうしてご主人との関係や今後のことが気になってしまうのですね。 あなたの愛情は、しっかりとご主人にも伝わっています。 ゆきのさん、だからこそあなたにお話ししますよ。 ご主人はご主人、あなたはあなたとハッキリと割り切って、それぞれの人生を尊重する生き方を大切にしてください。 もっとあなたの背負った荷物を軽くしても構わないのです。 一緒にいるときは楽しむ。離れているならいるで、それぞれの時間を大切にする。それだけで良いのです。 あなたは自分に与えられた役割を精一杯にこなしていらっしゃるのですから、そのことに自信を持つことが大切ですよ。 「自分はこれでいいんだ」「夫を信じよう」という言葉をぜひ頭に刻んでおいて、どうしても不安なときに思い出してくださいね。

ゆきのさんの結婚生活が、今後いっそうの幸せ溢れるものになるよう、お祈りしています。

この記事を書いた人
f:id:urj:20160728141100j:plain
LUNA(ルナ)

Office W’s Blend専属占い師。顔も声も一切明かさず、ごまかしの利かないメール鑑定において、鑑定力のみで相談者の悩みに応える。口コミのみで鑑定依頼が殺到し、顧客のリピート率が一時100%を達成するなど、本格鑑定が定評。